じゅーじゅー
2歳児は、最近何かというとすぐ泣く。
いちいちそんなことで泣かんでくれ、と思うようなことで、すぐ泣く。

例えば、何かモノを取って欲しいとき、
「取って」
とも言わず、近くでその取って欲しいものを指差しながら、グズグズ・・・。
要求を言葉で伝えず、泣いて通してしまおうとするのである。

1週間の疲れもたまっている、でも毎日定例の家事はたんと残っている、
そんな木曜ももしくは金曜の夜に何度もそれをやられると、
いくら理性が「構って欲しいだけだよ。怒っちゃいかんよ。」と耳打ちしてきても、
修行の足りない母の堪忍袋はいつしかぷちんと切れてしまう。

そして、こう叫んで、さらに2歳児を泣かせるのだ。

「んもう!お口で言えばいいでしょ!いちいちびーびーびーびー泣かないのっ!」

今日も今日とて、やはりこのセリフを吐いて娘を泣かせた。
が、いつもと違い、涙の止まった2歳児が、
おめめをコシコシしながら近づいてきてこういった。

「☆ちゃんね、もう じゅーじゅーじゅーじゅー 泣いてないよ♪」

・・・え?焼き肉・・・?


2歳児、あれっぽっちのことで怒ってごめんよ。
[PR]
by mkumano | 2005-06-24 22:18 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(8)
Commented by happy-mizu at 2005-06-25 01:22
私は小さい頃は泣き虫で、よく母親から「泣きゃいいってもんじゃないのっ」と言われたことを覚えてます。
私にも言い分があるんだけど、うまく言えないの。で、訳がわかんなくなって泣けちゃうの!と心の中で思ってました。
Commented by redguppy at 2005-06-25 11:06
「じゅーじゅー泣く」カワイイですね。
なんか「鼻水まじり」って感じです。
Commented by mkumano at 2005-06-25 18:36
★happy-mizuさん
泣き虫だったの?うふふ、かわいいねー。
うちの2歳児はね、泣き虫っぽくないのよ。
同じ女として腹立つくらい「涙を武器にする」タイプ。
その涙に、兄貴はいいように使われてます(笑)。
Commented by mkumano at 2005-06-25 18:39
★redguppyさん
おお、鼻水まじり!確かにそういう解釈もできますね。
っていうか、かーちゃんならそっちを思い出すべきですね(笑)。

不思議なことに、私の頭には焼き肉しか浮かばず、
不思議なことに、凍ったジョッキで生ビールが飲みたくなりました。
不思議でもなんでもないですね、ただのノンベですね。
ああ、じゅるじゅる(←ヨダレ)。
Commented by k_yngwie at 2005-06-26 01:23
泣かれるとね、ついさっき「冷静に」なんて誓ったこと、すぐ忘れちゃうもんです。
長男の子育ての時は、体力が有り余っていたのか、口より先に手でした~。
厳しくペンペン叩いて育てたのに、たいしてグレることなく(逆にのび太です)
のん気な父さんに育ったので、奇跡としか言いようがありません。
泣きながら訴えてきたこと全てに応えるわけにはいかないですよね。
かわいそうだったかな・・と後悔するときもありますが、月日が経ってみると、
あれで良かった、と思える日が必ず来るんです。
まぁ今日は一杯やって疲れを癒して、明日からまた、子育てを楽しんでください。
Commented by momaji at 2005-06-27 13:30
そんなもんですよ~☆
母年齢、まだ6歳(あらっ、いつの間にかお誕生日!おめでとう!)なんですから。
Commented by mkumano at 2005-06-27 21:54
■k_yngwieさん
厳しくしてもぐれずに育つ、羨ましいことです。
基本的なマナーや生活態度は小さいうちに仕込まないと!と思って
私もかなり口うるさい方なのですが、夫の実家にお邪魔したときなど、
「そんなに叱ると萎縮するよ」とよく義姉から注意されます。
一度言って聞いてくれればこちらも叱らずに済むのですが・・・。

グレないといいなあ、うちの息子も。
Commented by mkumano at 2005-06-27 21:55
■momajiさん
そうそう、先月6歳になりました。ありがとうございます。
いつも微笑みを絶やさない穏やか~な母、はとても無理みたいです。
いかんいかん、修行が足りんですな。
<< お世話ずき その2 ABCのうた >>