まるでひとさらい
今朝は家族揃って家を出て、マンションの前の道で、
駅に向かうダンナは左へ、保育園に向かう母子は右手へ、と別れました。

2歳児、この時点でパパにしがみつき、号泣。
ご近所の皆さんも振り向く大声で泣かれ、何度か説明を試みたものの、
何も聞こえない聞きたくない、と言わんばかりの勢いで泣きつづけるため、
ダンナ、やむを得ず母子を放置し、何度も振り向き手を振りながら、駅へ。

「パパ~っ!パパ~っ!!!!」

と泣き叫ぶ2歳児に気分転換してもらうべく、
その後いろいろ話し掛けてみたんだけど、まるで効き目なく、延々と号泣。
しかたないなあ、辛いけど、抱っこで坂道を10分歩くか・・・と覚悟をきめつつ、
「★ちゃん、寒くない?」
と何気なく話し掛けたら、これがヒット。
ぴたっと泣きやみ、「さむい。うわぎ、きる。」
が、取りに帰ろうかと水を向けると、ダンナが去った方角を向いたまま、またも号泣。

・・・ここで待ってたって、パパ、帰ってこないんだけどねえ・・・。

泣きたいのはあたしなんだけどなあ、と思いつつ、
マンション前とはいえ、2歳児をひとりにするわけにもいかないので、
6歳児に鍵をもたせ、上着を取りに行ってもらいました。
道端からジェスチャーで施錠の再確認をさせ、耳をすませて「がちゃ!」音を確認。
おしおし。6歳児、使えるやつ!

6歳児が持って降りてきた上着を着て、少しばかり機嫌が回復した2歳児を連れ、
ようやく保育園へ出発っ!・・・この時点で、すでにロスタイム10分。

保育園までは、のぼり坂ありくだり坂あり。
でも、途中の公園でどんぐり拾いや栗拾いにひっかからなければ、
コドモ連れでも徒歩10分。

・・・が。
カラ元気の2歳児、私の手をふりほどいてひとりで歩き、
なーんにもない道ですっころぶこと・・・2回。
普段あまり転ぶことのない彼女、そのたびに周囲にとどろき渡る超音波声で号泣。
さらにロスタイム10分。

しかも、泣き声が、コレ。

「パパぁっ!!!!痛いよぉ~っ!パパがいいのぉっ!」

・・・え?あたし、虐待母?
・・・それとも、ひょっとして、あたし、ひとさらい??

2歳児はほぼずっと泣きっぱなしのよろよろ歩きで、
結局、普段の倍以上の時間を要して保育園に到着。
が、女優な2歳児はいつもどおり、笑顔で保育士さんやお母さん方にご挨拶。
嬉しそうに私に向かってバイバイをし、ぴょんぴょんはねるようにお教室へ。

・・・え?なによ、その豹変ぶりは。

会社にたどり着く前に、一日分のエネルギーを使い果たした気分でした。
登園だけで、きょうはほんとにね、もうぐったり(笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-10-19 21:59 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)
Commented by k_yngwie at 2005-10-19 22:18
いや~大変でしたね~!
保育園に到着するまで、思う存分パパとの別れを惜しむ、
という演技だったのかな。最後の、手をふりながらお教室へ消えていく
シーンが特に素晴らしかったです!
Commented by harucchi_m at 2005-10-20 00:15
なつかしい。(様な気がしないでもない)

うちの小僧は、豹変はしなかったけど。
あまりに悲しみようがひどいときがあって、
保育園の副園長から「連れて帰って」と言われちゃった。
そりゃ無理だってば、と置いてきましたが。
女の子はやっぱりパパが好きなんでしょうか?
Commented by mkumano at 2005-10-20 16:04
★メルかーさん
あ!父と別れを惜しみ続けた時間の方が演技だったのですかっ!
・・・でも、これバラしたら、ダンナががっくりしちゃうかなあ(笑)。ぷぷ。
Commented by mkumano at 2005-10-20 16:06
★harucchi_mさん
連れて帰ってとな?それはヒドイよ、副園長さんっ!(笑)
でもこれだけパパ好きな娘でも、思春期にでもさしかかって、
急に「おやぢ、うざい。」なんて父親を煙たがるようになったりするのかなあ?
もしそうなったら、寂しさは言うに言われぬほど、でしょうねぇ。
<< うちのママのおうた・・・? 自作自演 >>