いまだウエスト・ゴムのコーデュロイ・パンツ
b0016635_17413442.jpg結局、げろっぴ娘は、土曜の午後以降すっかり嘔吐とは無縁なのですが、かといって外出先で吐かないという保証もなく、週末はおとなしく家におこもり。娘の相手をしながら、母のささやかな気晴らし、ミシンと裁縫箱を出しました。

日頃絶対に触らせない裁縫箱を、キビシイ母の監視の元で娘にしばし解禁したところ、目がキラキラ!裁縫箱のフタにぶちまけていた待ち針を1本1本所定のケースに移動させたり、裁縫箱の底の方に散らかっていたリサイクルなボタンたちをジッパーつきの小袋へ集めたり、お手伝いチックな作業で、静かに集中して遊んでくれました。

ちなみにあたしの裁縫箱は、もちろん、お菓子(ヨックモック)のでっかい缶です。
むかーし、勤務先でお客様から頂戴したお土産なのですが、缶だけ頂いて帰りました。
これって、業務上横領?
中身はみんなに配ったし、缶もお局さまの許可をとったから、よし?(笑)

で、そんな娘を横に置きつつ作成したのは、6歳児のパンツ。
布は、昨年12月にCHECK&STRIPEさんで購入して寝かせていた
チョコ色のコーデュロイ(¥650/m)。
ポケットにつけた赤い小さいタグ(ワンコの刺繍がしてあります)も、
やはりCHECK&STRIPEさんのものです。
型紙は、「カジュアル&トラッドで決める!男の子服」(雄鶏社)に載っていた、
いちばんシンプルなパンツ。
6歳児は結構細身なので、以前作った110サイズの型紙を、
長さだけ120サイズに伸ばして再利用しました。

6歳児ももういい加減「お兄ちゃん」なので、
前ファスナーのちゃんとしたデザインのものを作ってやるべかな、と一瞬思ったのですが、
いまだにギリギリでトイレに駆け込む様子を見ると・・・。
ま、いっか、ファスナーより早く脱げるしさ!母の愛よっ!、ということにして(笑)、
お手軽なウエスト・ゴムのお子様デザインのまんまです。

手持ちの男児服の本に載っている型紙も、120サイズまで。そろそろ使えなくなりそうです。
と同時に、そろそろかーちゃん手作りの服なんて着てくれなくなりそうですよね。
編集者の皆さん、さすがよく考えておいでです・・・。
[PR]
by mkumano | 2005-12-11 18:22 | 縫う | Comments(4)
Commented by harucchi_m at 2005-12-12 00:17
小学校にはいると、以前にもまして洋服が汚れて帰ってきます。
買って1週間のズボンのひざがぼろぼろだったこともあります。
ママの手作りで充分以上ですよ~。
私もお裁縫が出来たなら何度でも補修をするんですけど。
「ファッションよ、ファッション」と
破れたズボンをしばらくそのままはかせてました。
Commented by mkumano at 2005-12-13 10:31
★harucchi_mさん
これ以上汚してくるの?もう、愕然です。
今ですら、ポケットから、靴から、頭から砂がざくざくなんだもん(泣)。
ズボンのおひざの補修にはセンスが必要そうなので、
私はしばらく「ファッションよ!」でごまかした後は半ズボンにします。
我が家の最高記録は、
ダンナのちょっと太めデザインのチノパン
→傷んだ裾をよけて小僧のチノパン(100cm)にリサイクル
→膝に穴があいたので半ズボンに。
半ズボンはこないだの夏もまだ履いてました。
いや~ん、我ながらけちんぼね~♪
Commented by chiyoko1960 at 2005-12-14 22:14
我が家の裁縫箱もお菓子の缶です。というかアチコチ缶だらけですが。120センチまでしか手作り服のサイズがないのは、そういうわけなのですね。納得できます。ちょっぴり、さびしいです・・・。
Commented by mkumano at 2005-12-14 22:50
■chiyoko1960さん
あ、やっぱりお菓子の缶ですか?わーい!
コドモの頃、カンカン裁縫箱を見るにつけ、
あたしはケッコンするときには絶対おしゃれな裁縫箱買うんだもんね、
と思っていたのですが、気が付くとカンカン裁縫箱・・・。
しかもミシン糸だアップリケだとどんどん増え、今や3缶構成です(笑)。
<< 再びコーデュロイパンツ 幼児っぽいパジャマ >>