タグ:●2歳女児の観察 ( 49 ) タグの人気記事
春なのに、フリースのコート
b0016635_20331235.jpg

「縫うぞっ!」と鼻息荒く購入してから1年以上も経ってしまった特売フリース
3月にもなってようやくコートに変身!
・・・もうコートはいらない季節だっていうのに・・・。

型紙は『一重でかんたん ママが作ったラブリーコート』月居良子(文化出版局)の
「フェルトのセーラーコート」100cm。
特売フリースで格安コートよっ!といさんでいた割には、
ふちにぐるりと縫い付けてある「メートライン」なるテープに結構な金額がかかりました。

おさがりのコートやジャケットばかりを着ていた2歳児、
これが初めての「おニュー!」なコートです。

でも、ちょっとだぶだぶ。
さらに、特売フリースだけに、脱ぎ着するたび静電気バチバチ。

ま、もう少し大きくなれば、昔6歳児に作ったウールのコートが着られるから。
静電気もそれまでの辛抱よ♪

・・・あ、次はまたおさがりだ(笑)。

着てみるとこんな感じ・・・
[PR]
by mkumano | 2006-03-05 20:40 | 縫う | Comments(8)
再びコーデュロイパンツ
b0016635_2329845.jpg6歳児のコーデュロイ・パンツを作った布がちょうどいい按配に残ったので、もう1本、2歳児にも保育園用パンツを作成。
910円(¥650/m*1.4m)でコドモ用パンツ2本・・・(あたしの時給とできあがりの粗雑さを無視すれば)ユニクロに勝ったぞ!

布とポケットにはさん赤いタグは6歳児のと同じく、CHECK&STRIPEさんで購入したもの。ポケットのボタンは、廃棄した洋服についていたもののリサイクル。

型紙は「小さくてもきちんとした服」(文化出版局)のパンツ(表紙で、かわいい男の子がロールアップして履いてるやつです)。サイズは「2~3歳用」なのですが、「2歳のときは裾をおりあげて着せて、3歳になるころにちょうどよい」との記載があったので、私のイメージの中での2歳児着用予想図は、このロールアップ状態でした。

b0016635_23354661.jpgが、実際にできあがって2歳児に着させてみると、夕飯後でお腹がぽんぽこりんだったせいかロールアップ不要・・・あ、2歳児の足が長いせいと言っておくべきだったかしらん?(笑)
ただいま2歳児、2歳8ヶ月、身長90.9センチです。

上に着ているカットソーと微妙な色合わせのような気もしますが、花柄好きの2歳児としては、ベストなコーディネイトのようです。はい。
ま、機嫌よく写真撮らしてくれれば、この際なんでもいいですわ。母としては。


最近の6歳児、妹とおそろいの洋服を買ってもらったり作ってもらったりするのは、
それなりに嬉しいようで、家や外出先ではおそろいで着てはしゃいでいたりするのですが、
保育園にお揃いの洋服で登園するのはちょっとだけイヤなんだそうです。
別々の日に着るのはいいけど同じ日はイヤ、と登園直前に2歳児の服装を見て着替えることも。
いろいろフクザツなお年頃のようです(苦笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-12-16 23:26 | 縫う | Comments(2)
いまだウエスト・ゴムのコーデュロイ・パンツ
b0016635_17413442.jpg結局、げろっぴ娘は、土曜の午後以降すっかり嘔吐とは無縁なのですが、かといって外出先で吐かないという保証もなく、週末はおとなしく家におこもり。娘の相手をしながら、母のささやかな気晴らし、ミシンと裁縫箱を出しました。

日頃絶対に触らせない裁縫箱を、キビシイ母の監視の元で娘にしばし解禁したところ、目がキラキラ!裁縫箱のフタにぶちまけていた待ち針を1本1本所定のケースに移動させたり、裁縫箱の底の方に散らかっていたリサイクルなボタンたちをジッパーつきの小袋へ集めたり、お手伝いチックな作業で、静かに集中して遊んでくれました。

ちなみにあたしの裁縫箱は、もちろん、お菓子(ヨックモック)のでっかい缶です。
むかーし、勤務先でお客様から頂戴したお土産なのですが、缶だけ頂いて帰りました。
これって、業務上横領?
中身はみんなに配ったし、缶もお局さまの許可をとったから、よし?(笑)

で、そんな娘を横に置きつつ作成したのは、6歳児のパンツ。
布は、昨年12月にCHECK&STRIPEさんで購入して寝かせていた
チョコ色のコーデュロイ(¥650/m)。
ポケットにつけた赤い小さいタグ(ワンコの刺繍がしてあります)も、
やはりCHECK&STRIPEさんのものです。
型紙は、「カジュアル&トラッドで決める!男の子服」(雄鶏社)に載っていた、
いちばんシンプルなパンツ。
6歳児は結構細身なので、以前作った110サイズの型紙を、
長さだけ120サイズに伸ばして再利用しました。

6歳児ももういい加減「お兄ちゃん」なので、
前ファスナーのちゃんとしたデザインのものを作ってやるべかな、と一瞬思ったのですが、
いまだにギリギリでトイレに駆け込む様子を見ると・・・。
ま、いっか、ファスナーより早く脱げるしさ!母の愛よっ!、ということにして(笑)、
お手軽なウエスト・ゴムのお子様デザインのまんまです。

手持ちの男児服の本に載っている型紙も、120サイズまで。そろそろ使えなくなりそうです。
と同時に、そろそろかーちゃん手作りの服なんて着てくれなくなりそうですよね。
編集者の皆さん、さすがよく考えておいでです・・・。
[PR]
by mkumano | 2005-12-11 18:22 | 縫う | Comments(4)
幼児っぽいパジャマ
b0016635_17441514.jpg今週は、
  月曜:朝から高熱でお休み。
  火曜:午前中に呼び出し、早退。
  木曜:夕方に呼び出し、早退。
と、先週金曜朝に始まった2歳児のお熱が、出たり引っ込んだりで振り回されていました。

その間、おおかたの予想通り、順調に風邪は家族の体へと引越し、私や6歳児の体調が少しずつ悪くなっていくのと入れ替わりに、2歳児は回復。今現在、まだ本調子ではないのか我儘とグズグズは残っていますが、2歳児は咳も鼻水もほぼ治まっています。

一方私はといえば、熱がないのが幸いですが、鼻がどよ~ん頭がどよ~ん喉がイガイガな状況。6歳児も順調に咳をしはじめております。来週はどうなることやら。

で、おこもりがちだった今週、懸案だった6歳児の長袖パジャマを作りました。

布は、彼が3歳のときに自分で選んだエルモ柄。
チビの頃から、私の好みの問題で、靴も衣服もキャラクタ柄は買い与えていないのですが、
パジャマだけは本人の好きなキャラクタがたくさんついた派手な布で作っています。

そういえば、6歳児がボタンの着脱を覚えたのも、パジャマでした。
好きな柄で作ってもらったパジャマを自分で着たい!の一心で、
(かなり大きめなボタンを付けておいたせいもあり)上手につけ外しできるように。
確か、2歳のころでした。

それはともあれ、いやはや、この布は3年も寝かせてしまいました。発酵しそうです(苦笑)。

頭も気分も冴えないし、今となっては用尺も心配なので、シャツカラーはやめて衿なしに。
2歳児とタタカイながら作業してたら、何だか首周りの仕上がりがもたついてしまいました。
・・・失敗。しかし、やり直す気力はなし。

もうじき小学生だっつーのに、こんな幼児っぽい柄でいいんかいな?と思いつつも、
昼頃試着させたのに、今もず~っと着ているほどの気に入りようなので、まあよいのかと(笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-11-19 18:04 | 縫う | Comments(10)
ちょっとしあわせ
家中を真っ暗にしても、軽く脅しなどかけてみても、いっこうに2歳児が寝てくれない。
お布団の中でもるんるんでお歌などうたっている。
いいかげん寝てくれないかなあ・・・あたしも早く家事を済ませて寝たいんだけどなあ・・・。

「ミイラ取りがミイラ」のリスクを感じながらも寝たフリなどしてみたりする。
2歳児のとなりで、目をつぶって、しらじらしい寝息など立てたりして。

早く寝てくれないと、こっちが眠り込んじゃうよぉ、と思った頃、
母の気配に気づいた2歳児の歌声がとまる。

おお、気づいてくれたぞ、寝るんだ、寝るんだよ~と念じつつ、
一層演技に力が入ったとき、おでこに温かいものが。

「よしよし、いいこね~、ねんねんねん。」

ささやくような小さな声でそう言いながら
小さな温かい手が、何度か私の前髪をそーっとかきあげ、
ぽんぽんぽんと優しくあたまを3回叩く。

ちょっとだけしあわせな瞬間。

・・・ますますほんとに眠り込んじゃいそうで怖いけど(笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-10-25 22:35 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(6)
うちのママのおうた・・・?
今月に入ってから、某テレビ局の超有名子供番組で強烈な曲が流れてます。
タイトルからしてすごい。

「ママゴリラ」

あれダメこれダメそれダメ・・・と怒ってる、おかあさんの歌。
いけない子だと、ママがゴリラに変身しちゃうんだ、こわいんだよぉ・・・という歌詞。

3番の歌詞では、おりこうさんだととってもママはやさしいんだよ、
なんていうフォローがされていたりするわけですが、
まあ、うたのおねえさんが吹っ切ったようにゴリラチックに歌う1・2番が強烈なのと、
その間流れているアニメがこれまたインパクト強なのとで、
せっかくの3番もかすみがちだったりします(笑)。

この曲が流れると、2歳児と6歳児はなぜか正座して画面を凝視。
静かーな、ちょっと緊迫した空気がリビングに漂います。

そして、曲が終わると、決まって2歳児が振り返り、正座したまま私を見つめます。
しかも・・・沈黙したまま。
まるで何かを訴えているかのような、はたまた疑惑を抱いているような目つきだったりします。

2歳児、何か言いたい事があるのかしら?
こんな、いつも笑みを絶やさない優しく温厚な母に向かって。
ほほほ~。
[PR]
by mkumano | 2005-10-22 17:34 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(8)
まるでひとさらい
今朝は家族揃って家を出て、マンションの前の道で、
駅に向かうダンナは左へ、保育園に向かう母子は右手へ、と別れました。

2歳児、この時点でパパにしがみつき、号泣。
ご近所の皆さんも振り向く大声で泣かれ、何度か説明を試みたものの、
何も聞こえない聞きたくない、と言わんばかりの勢いで泣きつづけるため、
ダンナ、やむを得ず母子を放置し、何度も振り向き手を振りながら、駅へ。

「パパ~っ!パパ~っ!!!!」

と泣き叫ぶ2歳児に気分転換してもらうべく、
その後いろいろ話し掛けてみたんだけど、まるで効き目なく、延々と号泣。
しかたないなあ、辛いけど、抱っこで坂道を10分歩くか・・・と覚悟をきめつつ、
「★ちゃん、寒くない?」
と何気なく話し掛けたら、これがヒット。
ぴたっと泣きやみ、「さむい。うわぎ、きる。」
が、取りに帰ろうかと水を向けると、ダンナが去った方角を向いたまま、またも号泣。

・・・ここで待ってたって、パパ、帰ってこないんだけどねえ・・・。

泣きたいのはあたしなんだけどなあ、と思いつつ、
マンション前とはいえ、2歳児をひとりにするわけにもいかないので、
6歳児に鍵をもたせ、上着を取りに行ってもらいました。
道端からジェスチャーで施錠の再確認をさせ、耳をすませて「がちゃ!」音を確認。
おしおし。6歳児、使えるやつ!

6歳児が持って降りてきた上着を着て、少しばかり機嫌が回復した2歳児を連れ、
ようやく保育園へ出発っ!・・・この時点で、すでにロスタイム10分。

保育園までは、のぼり坂ありくだり坂あり。
でも、途中の公園でどんぐり拾いや栗拾いにひっかからなければ、
コドモ連れでも徒歩10分。

・・・が。
カラ元気の2歳児、私の手をふりほどいてひとりで歩き、
なーんにもない道ですっころぶこと・・・2回。
普段あまり転ぶことのない彼女、そのたびに周囲にとどろき渡る超音波声で号泣。
さらにロスタイム10分。

しかも、泣き声が、コレ。

「パパぁっ!!!!痛いよぉ~っ!パパがいいのぉっ!」

・・・え?あたし、虐待母?
・・・それとも、ひょっとして、あたし、ひとさらい??

2歳児はほぼずっと泣きっぱなしのよろよろ歩きで、
結局、普段の倍以上の時間を要して保育園に到着。
が、女優な2歳児はいつもどおり、笑顔で保育士さんやお母さん方にご挨拶。
嬉しそうに私に向かってバイバイをし、ぴょんぴょんはねるようにお教室へ。

・・・え?なによ、その豹変ぶりは。

会社にたどり着く前に、一日分のエネルギーを使い果たした気分でした。
登園だけで、きょうはほんとにね、もうぐったり(笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-10-19 21:59 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)
自作自演
近頃、聞き覚えのない歌を2歳児がうたっていることが多くなりました。

園児時代から遠ざかること数十年のかーちゃんのみならず、
同じ保育園に通う現役園児の6歳児も知らないらしい。
はてなあ?どこで覚えてきたのだろう?と思いつつ、
よーーーーく歌詞を聞いてみると・・・。

「のりのりのりぃ~♪なっとぉ~♪
ごはんにのり~♪にゅーにゅー(=牛乳)にのり~♪かぼちゃにのり~♪
のりはいいこ~♪なっとぉおりこう~♪」


どうやら2歳児作詞作曲、海苔と納豆をたたえる歌、のよう。

歌詞の題材はありとあらゆる分野におよび、
私やダンナが登場したり、うんちくんやトイレちゃんが登場することもあります。

おとといは、ちょっとサスペンスめいた歌もうたってました。

「きりんさんぅ~♪きりんさんぅ~♪
きりんさんがぞうさんたべちゃったぁ~♪」


草食動物もストレスがたまると、象を食べたりするらしいです。

ちなみに、「もっかいうたって」とリクエストをすると、また同じ歌をうたってくれます。
ただし、リクエスト有効制限時間があるようで、
数分以上経過してからリクエストしても、きょとんとした顔で無視されます。
[PR]
by mkumano | 2005-10-16 15:11 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)
またね
ダンナ出勤時、玄関にての会話。

と:「じゃ、行ってくるね。」
2:「パパいってらっしゃ~い!また帰って来てねぇ~っ!」
と:「・・・かえってくるよ、パパのおうちはここしかないからね・・・。」

か:「え?そうなの?・・・ま、そうだよね、ローン2軒分も抱えらんないもんね♪」
と:「・・・そだね、じゃ、行ってきます・・・。」

朝っぱらから2歳児の発言もひどいですが、
それをフォローすべきかーちゃんの発言の方がもっとひどかったかも?

ローン完済までは、別宅はもちろん、愛人も無理ってことでお願いします。ほほほ。
完済後もだめだけんね。
[PR]
by mkumano | 2005-10-14 00:26 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(0)
きょう、げり
極端に涼しい日が急に訪れたせいか、ここ数日、2歳児のおなかはゆるめです。
とはいえ、おながが痛い様子はまったくなく、食欲も旺盛。
見た目はまったく元気もりもりです。

帰宅後、2歳児が抑揚のない大人びた声で話し掛けてきました。

「ママ、あのねえ、きょう、★ちゃん、下痢!

幼い娘の口から「下痢」などという意外な単語がでてきたのにびっくりしたのと、
「コトバを吐き出した」とも言うべき、そのあまりにきっぱりとした話しっぷりがおかしくて
一瞬固まったあと、ついつい大笑いをしてしまいました。

そういえばお迎えの時に、夕方に下痢をしてたと保育士さんに聞いたんでした。
私はいつも「げりっぴ」としか言わないのですが、
きっと「あら、★ちゃん、下痢!」なんて保育士さんがおっしゃったのを
聞き覚えて真似したんでしょうね。

2歳児は、何気なく言ったことで思いがけずママが大笑いしたことに気をよくしたのか、
その後しつこく

「★ちゃん、下痢!」

を連発。
しまいには、だんだん慣れて笑わなくなってきた私に、

「ママ、笑ってっ!!」

と笑いを強要してました。

ひょっとして、「下痢=おもしろいコトバ」だと誤解させちゃったか?
・・・母、失敗・・・かも。
[PR]
by mkumano | 2005-10-05 20:36 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)