タグ:●2歳女児の観察 ( 49 ) タグの人気記事
忍者修行中
休日の我が家、6歳児と2歳児はよく 喧嘩している にぎやかに一緒に遊んでいる。
リビングで おもちゃの取り合い プロレスごっこ をしてたかと思うと、
次には廊下で おいかけっこ かけっこがはじまる。

うう、この蒸し暑いのにうるさいなーっ!と眉間にシワをよせつつ、
平日に読めずにたまっていた新聞を読んでいた(←勉強熱心とかそういう問題ではなく、
単に読みもせずに捨てるのが悔しい、貧乏性の意地)かーちゃんでも、
たいていこのあたりで怒鳴り声をあげることになる。

「こらーっ!おうちの中で走るときは、忍者でしょっ!」

マンション住まいの我が家、基本的に静かに生活すべきであり、
本来は室内で走ることなどご法度なのだろうが、
走るなといったところでどうせ無理なので、
我が家では「忍び足で走れ!」と指導(?)しているのだ。

6歳児はこの怒鳴り声が聞こえると「しまった!」とばかりに足音が消える。
園庭かけっこモードの派手なフォームから、
爪先立ちのこそ泥フォームに見事に変わるのだ。

「忍者はな、音が聞こえると、下から刀でぐさっと刺されるんだぞ」
と、数年前から、母の思い付き指導を面白がった父に静かに脅され、
大好きな水戸黄門でしばしばその実情を映像として確認させられている6歳児、
長年の修行の成果であーる。

一方、「指導しても無駄だし。まだ赤ちゃんだし。」だと半ば諦めていた2歳児も、
体重の増加および運動量の増加につれ、足音もかなり増大。
思い切って、本日より忍者修行をさせることにした。

「★ちゃん、あんたも走るときはニンジャだよっ!」

鼻の穴をぷぅっと膨らませ、嬉しそーに「じんじゃ?」と復唱した2歳児、
先輩忍者に細かく指導を受け、数度の実習をこなし、
「ママ、見て見て~!じんじゃできるよ~っ!」と呼びに来た。

さて、お手並み拝見。
後で見ている母ににんまりとした笑顔を見せつつ、
お尻を突き出し、両手を振り、かなり小さな歩幅で歩いていく競歩スタイルの2歳児・・・。
あんたね、どう見ても、忍者じゃないよそりゃ。すっごく遅いしさ。
しかも、踵をしっかりつけてるから、騒音は減ってないじゃん。
っつーか、歩幅が小さくなった分、「どすん」の数が増えてないか?

かくして、現在2歳児は6歳児の指導のもと、にこにこ楽しそうに忍者修行中。
・・・音のしない敷布団の上で。
[PR]
by mkumano | 2005-07-03 00:18 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(6)
お世話ずき その2
目が覚めたときにパパが寝室におらず、寂しそうだった2歳児、
思いがけず、シャワーをあびようと別室から起きだしてきたパパを発見して大喜び。
昨夜はやむを得ず徹夜する羽目に陥り、始発電車でようやく帰宅できたダンナ、
エアコンをがんがんかけた玄関近くの部屋で行き倒れていたらしい。

「パパだ!パパいたっ!おはよ~っ!」

と、派手に騒ぎながらひとしきりパパの足をハグした後、
さすがはお世話ずきの2歳児、シャワーするパパのお支度を手伝い始めた。

「★ちゃん、ボタンやってあげるから。ねっ!」

ワイシャツのボタンをはずしてあげよう(←もちろん、できない)と、
目の前に立っているワイシャツ+パンツ姿のパパに向かって、鼻息荒く両手を伸ばす。
が、彼女の手がもぞもぞ作業できるのは、ワイシャツの一番下のボタンでしかなく、
そこって男性にとってはちょっと微妙な位置なわけで・・・。

娘の可愛いしぐさがとっても嬉しいような、
でもなんだかちょっと困ったような今朝のダンナの表情、実に秀逸でありました(笑)。
[PR]
by mkumano | 2005-06-29 20:21 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)
じゅーじゅー
2歳児は、最近何かというとすぐ泣く。
いちいちそんなことで泣かんでくれ、と思うようなことで、すぐ泣く。

例えば、何かモノを取って欲しいとき、
「取って」
とも言わず、近くでその取って欲しいものを指差しながら、グズグズ・・・。
要求を言葉で伝えず、泣いて通してしまおうとするのである。

1週間の疲れもたまっている、でも毎日定例の家事はたんと残っている、
そんな木曜ももしくは金曜の夜に何度もそれをやられると、
いくら理性が「構って欲しいだけだよ。怒っちゃいかんよ。」と耳打ちしてきても、
修行の足りない母の堪忍袋はいつしかぷちんと切れてしまう。

そして、こう叫んで、さらに2歳児を泣かせるのだ。

「んもう!お口で言えばいいでしょ!いちいちびーびーびーびー泣かないのっ!」

今日も今日とて、やはりこのセリフを吐いて娘を泣かせた。
が、いつもと違い、涙の止まった2歳児が、
おめめをコシコシしながら近づいてきてこういった。

「☆ちゃんね、もう じゅーじゅーじゅーじゅー 泣いてないよ♪」

・・・え?焼き肉・・・?


2歳児、あれっぽっちのことで怒ってごめんよ。
[PR]
by mkumano | 2005-06-24 22:18 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(8)
ABCのうた
えーびーちーでぃーいーえーじー♪
えーちあーじぇーけー
へろへろぴ~っ!


うむ、そのおうたは、ある意味正しい。
かーちゃんはいまだに、「えいご」と聞いただけでへろへろだ。
[PR]
by mkumano | 2005-06-15 23:36 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(4)
かわいいな
2歳児オンステージ。本日の選曲は『メリーさんのひつじ』。

へ~ビさんがふったっつ~♪
ふったっつ~、ふったっつ~♪
ヘ~ビさんがふったっつ~♪
かぁ~いぃ~なぁ~っ!


かーちゃんは、断固として、んなもんはかわいくないと思います。
アナゴとダンスの方が、まだマシではないかと。
[PR]
by mkumano | 2005-06-06 20:25 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(6)
目覚まし
相変わらず土日のコドモたちは早起き。
親を起こすことなく、勝手にアニメを見ています。

さて、今朝のこと。
やはり早く起きていた2歳児、何かおもしろいものを見つけたのか、
ママ、これ見て~と私の枕元にやってきました。
「んぁ~?」と目をあけると、
目の前には、あらわな素肌のかわいいお尻が!

反射的にがば!と飛び起きたのは言うまでもありません。
リビングにはパジャマと紙パンツの抜け殻が。
幸い水溜りや茶色い落し物は発見されず(ほっ!)。

おかしいなあ、2歳児のパジャマ、シャツとズボンはボタンで留めてあるんだけど。
なんで自分で脱げたのかなあ?

ともあれ。
2歳児、こういう起こし方は母の心臓に悪いのでやめてください。
[PR]
by mkumano | 2005-05-29 10:15 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(6)
シャワーのおとも
朝は眠い。1分1秒でも長く、布団にいたい。

今朝、2歳児をどちらがシャワーさせるかで、
父と母は奥ゆかしくいつまでも 押し付け合い 譲り合い。
できることならシャワー自体をさぼって、遠慮なくもう少し布団に居座りたいが、
夕べ風呂に入らず寝てしまった2歳児、そんなわけにもいくまい・・・。

と、ダンナが先に目覚めていた2歳児に尋ねた。

「★ちゃん、誰とシャワーする?」

あ!ずるい!
そんなこと聞いたら、いっつもママって答えるじゃんか~っ!
・・・と思った矢先、2歳児、にっこり微笑んでこう答えた。

「Hくん♥♥♥」

いやー、これを聞いた瞬間のダンナのびっくり顔といったら!
近年まれに見るほどのシャッターチャンスだったかも。

それにしても2歳児、最近すっかり静かだと思ったのに、
恋心はまだまだ続いてましたか。
恋もいいですけどね、それより先におむつを卒業しましょうね。
[PR]
by mkumano | 2005-05-25 21:15 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(6)
続・おしっこしーしー
今日は、お迎え後の空腹タイムに、皮膚科・耳鼻科・調合薬局をはしご。
いずれも閉店(?)時間を気にしながら、2歳児の機嫌を気にしながら、
さんざん待たされては、大荷物持参の駆け足移動の繰り返しで、
調合薬局についたときはかーちゃんぐったり。
ああ、ここは空いてるよ。ゆっくり座らせてくれ~。

が、運の悪いことに、そこにはノンタンがいた。

2:「読んでぇ~、ねえ読んでよぉ~」

ひ~ん、病院の待合室でいろんな本いっぱい読んだじゃんかよ~。
ちーっとくらい、休憩させてくれよぉ~。

と叫びたい気持ちを抑えつつ、かといっていじわるな気持ちは抑えきれず、
とりあえずまたやってみた。

しーしーしー なんのおと?
★ちゃんが★ちゃんが
おしっこしーしー、
パンツでしーしー


すると、甲高い声で、きっちりと
2:「ちやうよっ!ママ、ノンタンでしょっ!ノンタンよっ!」
と反撃。

2歳児、けっこうたくましい。だてに保育園で揉まれてないかも。
[PR]
by mkumano | 2005-05-23 21:36 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(10)
おしっこしーしー
b0016635_2243827.jpg2歳児がいま一番お気に入りの絵本は、
「ノンタン おしっこしーしー」(大友幸子)。

くまさんやぶたさんがおしっこしている様子を
「しーしーしー、なんのおと?」とクイズちっくに確認していく
トイレトレーニング絡みの絵本で、
昨年、友達が「コドモももう読まないから」と送ってくれたもの。
(そりゃそうだ。もうふたりとも小学生だもんね。)
2歳児はとてもお気に召したようで、
それ以来毎日のように、しかも何度も何度も
「ねえ、これ読んで。読んでぇ~。読んでよぉ~っ!」
ともってくる。

とても短い文章なので、読んでやってもすぐ終わるのだけど、
「もっかい!」攻撃が面倒なときもあるし、
虫の居所の関係で読みたくないこともある。やなときはやなんだよ・・・。

さて、今日も今日とてまたやってきた。
ちょっとだけいじわるな気分だった母は軽く文章をいじって読んでみた。

しーしーしー なんのおと?
★ちゃんが★ちゃんが
おしっこしーしー、
パンツでしーしー


母、我がアレンジのできにちょっと楽しくなりつつ次のページをめくったら、

「はい、おちまいっ!」

きっぱりと本を閉じ、ムッとした表情で小脇にかかえて立ち去ってしまった・・・。

お嬢様も一応、カッコ悪いなと思っておいでなのですね?
ではぼちぼち、気候もよくなることだし、本気でやってみますか??
[PR]
by mkumano | 2005-05-22 22:35 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(8)
てんびん
「ママ~っ、てんびん!てんびん!」

朝寝坊の母の枕元で、2歳児がこう叫んだ。
はあ?もう朝?今日は日曜だよね。へ?天秤??
寝ぼけ頭は始動せぬまま、「てんびん~」の声は続く・・・。

その後、彼女が言っていたのは「ペンギン」であり、その真意は

「あたしが持ってきたこのペンギンさんが描いてある紙パンツに履き替えさせてっ!」

であることを理解するまでには、さらに数分を要しました。

2歳児、省略しすぎです。
特に、寝起きの母には、詳しく丁寧に説明してください。
[PR]
by mkumano | 2005-05-15 11:48 | □ 2歳(♀)進級済 □ | Comments(2)